まずは、どの保険に入るか?

保険の種類は、たくさんありますよね。
定期保険、終身保険、医療保険、がん保険、個人年金保険などなど。
私が注目しているのは、治療を受ける際に収入を保障してくれる保険です。
保険会社によって商品名は、違うけれど「収入」がついた名前がついていることが多いようです。
自分が優先的に加入したのは死亡保険(終身保険)や個人年金保険ですが、治療が長引くとやはり生活費が不安定になってくることが想定されるので、収入保障のよい保険がないかなと探しています。
個人年金保険の必要性は30代、40代では言わずもがな。
個人年金保険の大抵の加入者は、もっと早く契約しておけば良かったと思っています。
料率が若い頃の方が、よいですもの。
でも、20代で、老後のために個人年金保険に加入しておこうなどと考える人はなかなかいないようです。
死亡保険は、なかなか自分が亡くなることは想像できないけれど、蓄えと考えるとやはり早めに加入した方が良いかもしれません。
比較的健康状態の告知がゆるい個人年金保険と違い、保険会社によってはハードルが高い商品もありますから。
預貯金と違い早期解約時は元本割れの時期があるので、早めにその時期が過ぎてしまいたいものです。
私の加入順は、死亡保険、医療保険、個人年金保険でしたので、次は収入保障を60歳くらいまでと考えています。

ホーム RSS購読 サイトマップ